プログラマーは休日出勤ばかりで休めないブラックな仕事という噂は本当?

ネットでプログラマーの仕事内容について調べると、

「休日出勤地獄」
「休みが少なすぎてプログラマーを辞めた」
「毎日残業が当たり前でいつも終電で帰宅」

といったネガティブな情報を目にすることはありませんか?

悪い情報を目にする機会が多いように感じるかもしれませんが、実際のところ、本当にプログラマーは休日出勤が当たり前の世界なのでしょうか?

今回の記事では、以前、会社員プログラマーとしてIT企業に勤めていた僕の経験を踏まえて、プログラマーという職業の休日出勤や残業の実態をお伝えしたいと思います。

プログラマーの勤務時間と残業

休日出勤トップ

結論を先に言ってしまうと、プログラマーの休日出勤の有無や残業時間の多さは、会社や仕事内容によって全く異なってきます。

最近では現在の僕のように、フリーランスとして仕事をしているプログラマーも増えてきていますが、基本的にはまだ会社勤務のサラリーマンとして働くプログラマーが多いのが実態でしょう。

プログラマーの勤務時間については、その他の業種も含めた多くの会社と同じように、9:00~18:00の時間帯を就業時間としている会社が基本です。

一日の労働時間を8時間と定めている会社が多いと思いますが、会社勤務のプログラマーで残業がゼロということはほぼないと言えるでしょう。

どのプロジェクトにも納期というものがあり、納期が迫っている繁忙期には残業が発生します。

企業風土として終電まで残業するのが当たり前になっているような会社もあれば、数時間程度の残業で済む会社もあります。

僕が勤めていたIT企業では、繁忙期になると、一日当たり2~4時間程度の残業がありました。

終電まで残って仕事をしたのは数えるくらいしかなく、遅くとも、だいたい夜の22時頃には残業を終わらせていました。

また、繁忙期以外の仕事が立て込んでいない時期は毎日定時で帰ることができていました。

僕はプログラマーになる前にはブラック企業にしか勤めたことがなかったので、プログラマーになってからもたまに残業があったものの、恵まれた労働環境だと感じていました。

(※別記事でプログラマーの一日の仕事の流れを紹介しています。『プログラマーの1日のスケジュールはどんな感じ?1日の仕事の流れを紹介』もご参照ください)

プログラマーの休日出勤について

休日出勤2

休日出勤の有無も職場によって事情が大きく変わってきます。

ちなみに僕が会社に勤めていたときには、2回だけ休日出勤をしたことがあります。

それでも勤務していた会社では極力休日出勤はさせないない方針だったので、非常にラッキーだった部分はあるかと思います。

僕のプログラマーの友達の中には、休日出勤が常態化してしまっており、月に2日しか休めなかったという酷い会社に勤めていた人もいます。

その一方で、僕の周囲のプログラマーたちのほとんどが、ほぼ休日出勤をせずに済んでいるという事実もあります。

これは近年、政府主導で働き方改革が進められている影響もあって、プログラマーの労働環境も以前に比べたら改善傾向が見られることの証ではないでしょうか。

ネット上で広まっている、プログラマーの仕事は休みが全くないという情報は、ネガティブな情報や悪いイメージばかりが強調されすぎている影響と言えるかもしれません。

実際にはホワイトな企業も多いというのが事実です。

それでも未だに休日出勤が当たり前のIT企業が存在するのはなぜ?

休日出勤3

プログラマーの労働環境が徐々に改善されている一方で、未だに休日出勤が常態化している企業があるのは、その会社の力が弱く、顧客の言いなりになってしまっているからでしょう。

仕事を受注する際に顧客が無理なスケジュールを言ってきても、会社のマンパワーや抱えているプロジェクトの数、進捗具合を考慮することなく安請け合いしてしまっている可能性があります。

必然的に現場でプログラムを組むプログラマーにしわ寄せが行き、長時間労働に休日出勤が当たり前の労働環境になってしまいます。

就職時の会社選びが明暗を分ける

休日出勤

ここまでお話してきたように、プログラマーの労働環境において、残業や休日出勤の実態は職場によって大きく変わってきます。

大多数の人が残業はしたくないし、休みはしっかりと取りたいと思っていることでしょう。

残業地獄、休日出勤地獄という会社に勤めたくないのであれば、就職や転職時の会社選択が非常に重要になります。

くれぐれもブラック企業など選んでしまわないように、面接の時には憶することなく残業や休日出勤について確認しましょう。

答えをはぐらかすような会社はキッパリと断ってしまえばいいのです。

こちらが質問したことにしっかりと本当のことを答えてくれる会社を選んだ方が、後々後悔する可能性も低くなります。

まとめ

今回はプログラマーの休日出勤の実態と残業時間についてお伝えいたしました。

IT企業、プログラマーの仕事についてはマイナスイメージが先行するような情報が溢れていますが、実際にはそこまで状況は酷くない会社のほうが多いです。

ネット上に出ている情報をそのまま鵜呑みにすることなく、自分自身でしっかりとした会社を選ぶことが一番大切です。

休日出勤1
最新情報をチェックしよう!