プログラマーの1日のスケジュールはどんな感じ?1日の仕事の流れを紹介

みなさんはプログラマーの仕事に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?

もしかしたら「朝から晩まで一日中パソコンの前でコードを書いている」というイメージを持っている人もいるかもしれません。

最近ではフリーランスのプログラマーも増えてきているので、同じプログラマーでも色々な働き方があるかと思います。

今回の記事ではプログラマーの仕事に興味がある方や、プログラマーを目指す方に向けて、会社員のプログラマーとして働く場合の1日のスケジュールを紹介してみたいと思います。

なお、今回紹介する1日のスケジュールの流れは、僕が会社員プログラマーとして働いていたときのだいたいの1日の流れになります。

プログラマーの繁忙期には波がある

プログラマーの一日1

プログラマーはプロジェクトごとに仕事をこなしていきます。

基本的には「プロジェクト納期前の忙しい時期」と「次のプロジェクトまでのアイドル期間」に分けられ、忙しさが異なってきます。

常日頃繁忙期という訳ではなく、納期が迫っていないときには定時で帰れる日もあります。

納期前の繁忙期の1日

プログラマーの一日2

9:00 出社

メールとスケジュールのチェックを手短に終えたら、すぐに納期が迫っているプロジェクトに取り掛かります。

朝が一番頭が冴えているので、メールの返信は緊急性の高いものだけにとどめ、最優先で片付けるべきプロジェクトと向き合います。

13:00 昼食

午後からの仕事に備えてしっかりと昼食を食べます。

個人的に効率が上がるので15分ほど昼寝もします。

14:00 仕事再開

再び納期が近い仕事に取り組みます。

この後のミーティング間際の10分ほどで、朝残しておいた緊急性が高くないメールの処理を終わらせます。

16:00 ミーティング

マネジャーやチームのメンバーとともにお茶タイムを兼ねてミーティングを行います。

プロジェクトの進行具合のチェックや問題点の洗い出しなどをします。

16:30 仕事再開

ミーティング後はまたメインの仕事に戻ります。

18:00 定時

繁忙期はほとんど定時で帰ることはなく、この時間に休憩を兼ねて夕食を取ります。

19:00 残業

残業するとは言っても、頭がなんとか回転するのは22:00くらいまでなので、22:00を回ったら基本的に帰宅します。

ごくまれに進捗具合が悪いときなどは終電まで仕事をすることもあります。

23:00 帰宅

1:00 就寝

繁忙期以外のアイドル期間の1日

プログラマーの一日3

9:00 出社

メールのチェックと返信。

次のプロジェクトの内容確認と準備を行います。

同時にIT関連のニュースをチェックしたり、新しいプログラミング言語の学習をしたりします。

12:00 昼食

繁忙期と変らずしっかりと昼寝もします。

13:00 仕事再開

過去に書いたコードの見直しを行ったり、プログラミングに関する勉強を行います。

15:00 ミーティング

SEやマネジャー、メンバーと次のプロジェクトに関するミーティングを行います。

16:00 仕事再開

ミーティング前の仕事の続きをやったり、次のプロジェクトへ向けた準備をします。

18:00 定時・帰宅

繁忙期でなければ定時で上がってしまいます。

まとめ

今回は会社員のプログラマーとして勤めた場合の1日の仕事の流れを紹介しました。

このスケジュールがすべてのプログラマーに当てはまるわけではないので、もっとたくさん残業しているプログラマーもいるはずです。

どの仕事でもそうですが、会社や職場によって働く環境やスケジュールは全く異なってきます。

納期前はどうしても忙しくなりますが、できるだけ常日頃残業がないような職場を見つけ、メリハリをつけた働き方ができるプログラマーを目指してください。

プログラマーの一日トップ
最新情報をチェックしよう!