今さらだけど「プログラミングとは何?」【誰でもわかる3分解説】

最近、小学校で2020年からプログラミング教育が必修になったり、プログラマーやシステムエンジニアの人材募集が盛んに行われているなど、プログラミングの話題を耳にする機会が増えています。

色々と話題にはなっているけれども「プログラミングって何?」「プログラミングで何ができるの?」と思っている人もいるはず。

この記事では、そんな疑問にプログラミング初心者だけでなく、誰でも簡単に3分でわかるように解説いたします。

 

プログラミングとは?

プログラミングとはトップ

プログラミングの元となる「プログラム」

プログラミングの解説をするには、まずプログラミングの元となる「プログラム」についてお話をする必要があります。

プログラムを辞書で調べると「予定」「計画」「課程」「カリキュラム」「番組表」といった言葉が並んでいます。

普段何気なく使っているこれらの言葉ですが、プログラムとは「行動や作業、やることを順番に並べること、または順番に並べたものをリストにしたもの」ととらえることができます。

コンピューターにおける「プログラム」

日常生活でもプログラムという言葉を使用していますが、コンピューターの世界におけるプログラムとはどういったものでしょうか?

コンピューターにおけるプログラムとは「コンピューターにさせたい仕事の内容や手順を書き記したもの」になります。

人間ならば自分自身で考えて行動をすることができますが、コンピューターは自ら考えることはできないので、人間側からどのように動いてほしいか指示を出す必要があります。

つまり、プログラミングとは「コンピューターに指示を出すこと」と言えます。

プログラミングにはなぜ「プログラミング言語」が使われるのか?

プログラミングとは2

 

コンピューターに働いてもらうには、人間がプログラミングによってコンピューターに指示を出す必要があることはお分かりいただけたと思います。

そして人間がコンピューターに指示を出すには、コンピューターに言葉を伝えてあげる必要があるのですが、コンピューターは人間の言葉を理解することができません。

コンピューターが理解できるのは0(ゼロ)と1(イチ)の機械語

コンピューターが理解して処理できるのは0(ゼロ)と1(イチ)で構成された情報のみとなり、この0(ゼロ)と1(イチ)の情報を「機械語」と呼びます。

逆に人間はこの機械語を見ただけでは理解することができません。

そこで登場するのが「プログラミング言語」です。

プログラミング言語は人間が書くことができ、また人間が書いたものを機械語に翻訳しやすい性質を持った、人間とコンピューターをつなぐ橋渡し的な存在の言語です。

たくさんのプログラミング言語が存在するのはなぜ?

プログラミング言語は、現在ほとんど使用されていないものも含めて200種類以上存在していると言われています。

プログラミング言語が数多く存在し、また次々に新しい言語が生まれてくる理由は、プログラミング言語ごとに特徴があるからです。

概念を理解するのはむずかしいけれども高速で動作するものや、誰にでも理解できるけど動作はゆっくりという具合に、言語ごとに一長一短があります。

世界ではより効率よくコンピューターを働かせるために、今も新しいプログラミング言語の開発が行われているのです。

プログラミングで何ができるの?

プログラミングとは3

ここまで、人間がプログラミング言語を用いてコンピューターに指示を出し、コンピューターに仕事をしてもらうという流れをお話してきました。

ここではより具体的に、プログラミングによってどんなことが実現できるのか触れてみたいと思います。

ゲームを作れる

Nitendo SwitchやPS4といった据え置き型のゲーム機から、最近ではスマホやパソコンで楽しめるゲームもプログラミングによって作られています。

ゲームを作るには高度なプログラミング技術が必要となります。

アプリケーションを作れる

今や生活に無くてはならない存在となったスマートフォン。

LINEやTwitterといったスマホのアプリケーションによって人の生活は一変しましたが、こういったアプリケーションもプログラミングが生み出したものです。

アプリケーションはスマホだけではなく、メモ帳などのパソコン上で動くデスクトップアプリや、FacebookなどのWeb上で動くWebアプリなどいろいろな種類が存在しています。

ロボットを作れる

プログラミングはロボットの分野でも活躍しています。

回転すしチェーンではロボットの「Pepper(ペッパー)」が受け付けの接客をするなど、ロボットがどんどん高性能になっています。

家電製品などの機械を作れる

家電製品などの内部にプログラムを入れ込むことで、生活に便利な様々な機械を動かすことができます。

いわゆる「組み込み系」と呼ばれている分野です。

家電製品だけではなく、医療機器などにもプログラミングの技術が応用されています。

まとめ

プログラミングは、人間の「もっと便利にしたい」「面倒な作業を自動化したい」「もっと楽しいサービスを作りたい」といった様々な願望を実現してくれるものです。

プログラミングの大まかな全体像について理解し、プログラミングにさらに興味が湧いた人は、プログラミングの学習を始めてみてはいかがでしょうか?

あなたがプログラミングのスキルを身に付けることによって、将来世界の生活を一変させるような斬新なサービスが生まれるかもしれません。

プログラミングとはトップ
最新情報をチェックしよう!