プログラミングに数学の知識は必要?関係ない?数学以外に必要な能力とは

最近、何かとプログラミングが話題に上がる機会が増えています。

小学校でプログラミングの授業が必修化されたり、IT業界では人材不足でどこの会社でもプログラマーを必要としていたりして、プログラミングに興味を持った方、プログラミングを勉強してみようかと考えている方も多いのではないでしょうか?

しかしプログラミング、プログラマーと聞くと、どうしても理系の世界というイメージが浸透しているので、数学が嫌いな人はプログラミングの学習に尻込みしてしまいませんか?

今回の記事では、プログラミングには数学が必要なのかどうかについて解説し、プログラミングに求められる能力についてお伝えしていきます。

プログラミングに数学は必須ではない

数学2

先に結論から言ってしまうと、プログラミングに数学は必ずしも必要ではありません。

小学生レベルの足し算、引き算、掛け算、割り算といった四則計算が普通にできれば問題はないでしょう。

プログラムを用いて一般的なWebサイトなどを作成するうえでは、高度な数学を使うことはありません。

未経験者や文系出身でもOKとなっているような求人案件であれば、数学が苦手だったり嫌いな人でも心配する必要はありません。

余程心配な場合には、選考のプロセスでどの程度数学が絡んでくるのか確認をしておけば大丈夫でしょう。

数学の知識がないと厳しいプログラミングもある

数学1

冒頭で数学ができなくても大丈夫と言っておきながら、今度は真逆となる真実もお伝えしなければいけません。

一言でプログラミングと言っても、プログラミングには色々な分野があります。

一般的なプログラミングでは数学が不要であっても、逆に数学の知識が必要な分野もありますので、ここでは数学ができたほうが有利に仕事を進められるものを紹介いたします。

人工知能(AI)

最近目覚ましい進歩を遂げている人工知能の分野では、システムの開発と運用の両段階で高度な数学的知識が必要となってきます。

AIを開発・運用するには膨大な量のデータを扱う必要があり、その際に高度な数学が用いられます。

人工知能の分野では理系の下地を持っている人のほうが理解しやすく、文系出身だと難しいかもしれません。

ゲームプログラミング

スマホゲーム程度でしたら数学的な知識はそれほど必要ではありませんが、いわゆる据え置き型ゲームに分類される、コンシューマーゲームの分野では高度な数学的知識が必要になります。

ゲームの中のキャラクターがより現実世界の動きと近い動きになるようにするには、物理的な法則や数学的な知識を駆使しなければなりません。

ゲームプログラミングを本気でやりたい方は数学をしっかりと学ぶ必要があります。

(別記事でゲーム開発について紹介しています。合わせてご覧ください。『ゲーム制作の初心者向けおすすめプログラミング言語5選!【ゲーム開発】』)

統計データ分析

統計学は数学の一分野です。

統計処理はよくビジネスにおけるマーケティングで活用されています。

膨大なデータを分析し、ある特定の傾向を見つけ出すことでビジネスに活かすことができます。

マーケティング支援のソフトウェア開発などに関わる場合には、統計学の数学的知識が必要になってきます。

数学以外でプログラマーに必要な能力とは?

数学3

ここまで、特定の分野には数学が必要だけれども、一般的なプログラミングに数学は必須ではないというお話をしてきました。

今度はプログラマーにとって基本的に必要とされる能力を紹介してみたいと思います。

コミュニケーション能力

プログラマーに限らず、ビジネスを行っていくうえでは必須の能力です。

プログラマーは四六時中パソコンに向かってコードを書いているイメージがあるかもしれません。

実際にはそんなことはなく、頻繁に人とコミュニケーションを取る場面があります。

プログラマーがコミュニケーションを取る主な相手はクライアントとプロジェクトチームのメンバーです。

会社によってはクライアントとのやり取りはシステムエンジニアだけに限られる場合もありますが、プログラマーが直接クライアントと話をして要望を聞く機会も多いのが現実です。

また、通常プログラマーはチームを組んで開発案件に関わることになるので、チームの他のメンバーと作業の確認であったり、開発の進め方についてミーティングを行う必要もあります。

プログラミングのスキルを持っていることは当たり前ですが、コミュニケーション能力がなければ他のプログラマーと協力して仕事をうまく進めることはできません。

英語力

プログラミング言語は英語で記述します。

英語ができれば当然コードの理解が早まりますし、早く記述もすることもできます。

また、プログラミングに関する技術的な情報は英語で書かれたものが多くなっています。

プログラミングをしている中で壁にぶつかったときに英語ができればより早く解決策を見つけることができますし、プログラミングに関する最先端の情報を人に先んじて入手することができます。

理系と文系のプログラマーが協力するのが理想

数学4

先ほど、プログラマーはチームを組んで仕事をするという話をしました。

人は誰しも得意なことと苦手なことがあります。

すべての能力に長けているという人はごくまれにしか存在しません。

一つのプロジェクトに取り組む際には、数学的な能力に長けている人、コミュニケーション能力に長けている人がバランスよく集まり、お互いを補完しながらチーム全体として協力しながら仕事を進めていくことが一番の理想です。

まとめ

プログラミングにおいては数学は必須ではなく、数学ができればより有利であることはお分かりいただけたでしょうか?

たとえ数学が苦手な人がいたとしても、そういう人ができる仕事がありますのでご安心ください。

苦手な数学を無理して勉強するくらいならば、英語の勉強をしたほうが得策でしょう。

もちろん、日々プログラミングスキルを磨くことは忘れないでくださいね!

数学トップ
最新情報をチェックしよう!