プログラミング言語を習得難易度順に番付ランキングにしてみた

「プログラミング言語を学びたいけど、たくさんありすぎて何から始めればいいのか分からない」
「初心者だから簡単なプログラミング言語から始めたいな」

プログラミングに挑戦してみようと思った人が誰でも最初に悩むのがプログラミング言語をどれにするのかという問題です。

プログラミング言語の選択は本質的には難易度ではなく、実際に自分がどんなものを作りたいのかに応じて決めるべきものですが、やはり初心者にとっては難易度も重要な選択基準の一つになるでしょう。

今回の記事では、プログラミング言語の難易度を大相撲風に番付でランキング分けしてみました。

しかし、実際に具体的な数値で言語ごとの難易度に関するデータが存在するわけではないので、僕の主観と、僕のプログラマー仲間の意見を元にして難易度分けをして番付を作ってみました。

なお、番付は難易度の低い順から、前頭→小結→関脇→大関→横綱となっています。

前頭

難易度番付前頭

HTML、CSS

正確にはプログラミング言語ではなく、マークアップ言語と呼ばれていますが、プログラミングの初歩として取り組む人が多いのがこの「HTML」と「CSS」です。

Webサイトをデザインするための言語で、一番難易度が低いと言えるので平幕という位置づけにしました。

小結

難易度番付小結

JavaScript、PHP、Ruby、Perl

平幕に続いて比較的難易度の低い小結に当たるのが、主にWebで使用するプログラミング言語です。

もちろん、この小結にランク付けしたものすべてが同じ難易度というわけではありませんが、ざっくりと見たときの難易度で同程度としました。

関脇

難易度番付関脇

Swift、Java、Kotlin、Python、Go

次は難易度は普通程度の関脇に分類される言語です。

Swift、Java、Kotlinは主にスマホのアプリ開発で使用されるプログラミング言語です。

Pythonは今機械学習に使用されている言語として世界的に人気が高まっており、今後ますますPythonを習得したプログラマーの需要が増えることでしょう。
今最も注目されているプログラミング言語の一つです。

GoはGoogleによって開発された比較的新しいプログラミング言語で、構文がシンプルなために初心者にも人気の言語で、近年Goを採用する事例が増えてきています。

大関

難易度番付大関

C言語、C++

ここから習得がだいぶ難しくなってくるプログラミング言語になります。

C言語が登場してからかなり時間が経っていますが、いまだに幅広く使用されている言語になります。

C言語は機械語に近くて人間にとっては習得が難しいのですが、コンピュータは理解しやすい言語となるので高速で動くというメリットがあります。

C++はゲーム制作でも使用される言語で、滑らかな動きが要求されるゲームにも使用されています。

初心者の中にも、C言語やC++から学習をスタートする強者がいるようですが、一般的には初心者にはおすすめしません。

横綱

難易度番付横綱

Haskell、LISP、Scala、OCaml

習得の難易度が最も高い横綱にランク分けした言語が、いわゆる関数型言語と呼ばれるプログラミング言語です。

プログラミングの過程で関数を用いる必要があるため、関数を理解した数学の知識を兼ね備えた人向けの言語と言えるでしょう。

他の言語を習得したプログラマーにとっても難易度が高い言語に分類されます。

まとめ

この記事では多くのプログラミング初心者が気にしている、プログラミング言語の難易度について、番付によってランキング分けしてみました。

プログラミング言語を選ぶときに参考にしていただければ幸いです。

ただ、基本的にはプログラミングで何を作りたいのかをはっきりさせてからプログラミング言語の選択と学習をスタートするのが後々の成功への近道となることだけは頭に入れておいて頂ければと思います。

難易度番付トップ
最新情報をチェックしよう!