プログラミングに英語は必要?プログラマーに必要な英語力はどれくらい?

これからプログラミングの勉強を始めようか検討している人は「プログラミングには英語が必要」という話を聞いたことがあるのではないでしょうか?

また、プログラマーにはどれくらいの英語力が必要なのか気になる方も多いことと思います。

今回は、プログラミングには英語が必要なのかどうか、そしてプログラマーになるにはどれくらいの英語力が求められるのかについて解説していきたいと思います。

プログラミングに英語は必要です

プログラミング英語1

端的に結論から言いますと、プログラミングに英語は必要です。

まずプログラミング言語を使ってコードを書くときに英語を使います。

英語が大嫌いで、英語アレルギーを持っているという人はプログラミングのスキルを身に付けるのは厳しいと言わざるを得ません。

例えるなら、水恐怖症で泳げない人が無理に水泳を習うのと同じようなものです。

そして、プログラミングをしていると実に多くのエラーが発生します。

エラーが発生しバグを解消するには、時に日本語の情報だけでは解決できないことが多々あります。

そんな時に必要となってくるのが、英語で書かれた情報を探して利用することです。

プログラマーである以上、英語に触れるのは避けられません。

しかし、英語が必要だとは言え、ネイティブレベルの英語がペラペラ話せるといったことまでは必要ではありませんのでご安心ください。

プログラミングに英語が必要な理由

プログラミング英語2

プログラミングの最新情報は英語で発信される

プログラミングの先進国はアメリカです。

必然的にプログラミングに関連する情報は英語で発信されるケースが多くなるのはお分かりいただけるでしょう。

英語で発信された情報がその後、非英語圏の国の人たち向けに翻訳されるわけですが、翻訳には時間がかかります。

英語ができれば、情報が発信されたときにリアルタイムで理解することができます。

一方で英語ができないと最新情報をキャッチするのが遅れ、英語ができる人に比べて不利になってしまいます。

プログラミングの世界、ITの世界は変化のスピードが激しいので、最新情報や最新トレンドをいち早くつかみ、時代の流れについて行けるプログラマーが必要とされています。

単純に英語ができないだけで不利になってしまうのです。

全ての英語情報が日本語に翻訳されるわけではない

プログラミング関連の情報は、日々英語の文章や英語の動画といった様々な形で発信されています。

日々配信されている情報のうち、日本語に翻訳されるのはごく一部です。

その他多くの情報は、日本語に翻訳されることなく英語のままで世の中を漂うことになります。

本当は非常に有益な情報であったとしても、英語ができないことで、その情報にアクセスすることすらできないという状態を招きます。

そもそも英語ができないと触れられる情報の数で圧倒的に不利な状況にいることを理解する必要があるでしょう。

また、英語の情報を日本語に翻訳した情報があったとしても、中には誤訳をしている情報も存在します。

時には情報を誤った形で理解してしまうことにもなりかねませんので、やはり原文の英語をそのまま理解できるのが一番望ましいと言えます。

プログラマーに必要な英語力はどれくらいか?

プログラミング英語3

ここまででプログラミングには英語が必要だということはお分かりいただけたかと思います。

それでは具体的にプログラマーにはどの程度の英語力が必要になってくるのでしょうか?

英語は、書く、読む、聞く、話すという4つの能力に分けられます。

プログラマーにとって必要となるのはこのうち、書く、読む、聞くの3つです。

特に重要になるのが英語を読む能力です。

レベルで言えば、高校英語、大学入試の英語の長文が読める程度が理想となるでしょう。

ただ、これはあくまで理想のお話なので、英語が苦手な人は最低でも中学英語レベルぐらいは理解したいところです。

中学英語レベルですと、プログラミング関連の英文情報を読むのが少し難しく、完全には理解できないレベルになります。

次に重要なのは書く能力。

書く能力については、コードを書くときに英語のスペルを間違えずに記述できれば問題ありません。

英語力が高くなれば、プログラミングのWeb英語フォーラムで質問や投稿ができるので、積極的に関連情報を入手できるようになります。

聞く能力については、英語で動画配信されている情報を取り入れる時に必要になります。

きちんと英語の聞き取りができれば文字情報よりも効率的に情報を取り込むことが可能になります。

プログラミングに必要な英語を学ぶには?

プログラミング英語4

プログラミングに必要な英語を学習する方法は、現時点での各人の英語力によって変わってきます。

中学、高校レベルの英語が怪しい人は、まずは原点に返って中学英語の復習をしてみましょう。

中学で習う英語をまとめて復習できる書籍がありますので、2、3回繰り返し読んで学習するといいと思います。

おすすめの本は『カラー版 CD付 中学3年間の英語を10時間で復習する本』です。

会話調で解説が進んでいくので、参考書のような堅苦しさがなく、中学英語のエッセンスを効率的に復習することができる良書です。

ポイントは1回読んだだけで終わらせないこと。
繰り返し読むことで中学英語がよみがえります。

中学レベルより上を復習、学びたい場合には『一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法』をおすすめします。

それと同時にプログラミングに関する英語資料にチャレンジしていき、分からないところは英単語を調べたり、文法を確認しながら、プログラミングと英語を同時並行で身に付けていくのが最善の学習方法と言えるでしょう。

また、最近ではプログラミングと英語が同時に学べるプログラムを用意しているプログラミングスクールもありますので、そういったプログラムを有効活用するのも一つの手でしょう。

まとめ

今回の記事では、プログラミングには英語が必要であることと、具体的にどの程度英語ができればプログラマーとして有利になるのかについて解説いたしました。

僕は前職で商社に勤務していたので英語は最初から苦ではありませんでしたし、現在はフィリピンで生活しながらフリーランスのプログラマーとして活動しています。

そして英語ができたおかげで、プログラミングの学習がすんなりとできたことを実感しています。

プログラマーを目指すのであれば、プログラミングの学習と英語の学習だったら当然プログラミングを優先すべきですが、これからの時代は会話ができるレベルで英語も身に付けておいたほうが可能性が広がることは間違いありません。

余裕があるならば二兎を追ってもいいと思います。

ぜひ貪欲にどんどん新しいことにチャレンジしていきましょう!

プログラミング英語トップ
最新情報をチェックしよう!