プログラミング教育の2020年小学校必修化|その実態と誤解を解説!

2020年からプログラミング教育が小学校で必修化されます。

実際に小学生のお子さんがいる、いないに関わらず、プログラミング教育必修化について耳にしたことがある人は多いことでしょう。

しかしプログラミング教育の必修化について、具体的な内容や実態についてはご存知でしょうか?

今回は、世間では話題になっているけど実はよく知られていない、プログラミング教育必修化の実態について解説していきたいと思います。

プログラミング教育必修化の実態とは?

プログラミング必修化1

「必修化」という文字を見ると、国語や算数、理科のように、何か新しい教科が小学校の授業として追加されるようなイメージがあります。

しかし今回のプログラミング必修化は、プログラミングが新しい教科として追加されるわけではありません。

あくまでも「既存の科目の中でプログラミングを導入する」という点が重要ポイントになります。

プログラミング教育の目的とは?

プログラミング必修化2

今回、2020年にプログラミングを必修化する最大の目的は、「プログラミング的な思考を育む」ことになります。

言い換えると、プログラミングを習得すると身に付けられる能力と言われている「物事を論理的に考える力」を育てることです。

論理的思考ができるようになると、物事の因果関係を整理し、物事を順序立てて考えることができるようになりますので、プログラミングの授業を通して論理的思考を身に付け、他の教科の習得にも役立てるという狙いがあります。

プログラミング教育の授業内容は?

プログラミング必修化3

文部科学省はプログラミング教育に関して、具体的に小学校の何年生が、どんな内容をどれくらいの時間やるのかといったことを定めていません。

あくまでプログラミングの授業の事例を提示する程度にとどめ、各学校に具体的な授業内容を決めるように促しています。

文部科学省では「総合的な学習の時間」「理科」「算数」「音楽」「図画工作」「特別活動(クラブ活動)」などの授業や活動の中でプログラミング的な要素を取り入れた事例を提示しています。

明確なカリキュラムがないので、学校ごとにプログラミングの内容が異なったり、授業の時間数にもばらつきが出てくることは間違いないでしょう。

またプログラミングについて教える教員の習熟度も異なってくるので、2020年のプログラミング教育必修化については疑問の声があがっているのも事実です。

プログラミング教育必修化に関する誤解

プログラミング必修化4

プログラミング教育必修化に関しては、必修化になるという話題だけが先行し、具体的な内容が周知徹底されていないために色々な誤解が発生しています。

プログラミングの教科ができるわけではない

冒頭でもお伝えしましたが、今回プログラミングが新しい教科として追加されることはありません。

プログラミングの教科書があるわけではないですし、授業にともなうテストなどが実施されることはありません。

したがって小学生のお子さんがいる家庭では、必修化に合わせて特に子供をプログラミング教室に通わせる必要もないでしょう。

プログラミング言語の習得をするわけではない

小学校でプログラミングが授業に取り入れられても、本格的にプログラミング言語を学んだり、習得することはありません。

あくまでもプログラミングの要素を、既存の科目の授業に取り入れるだけですので、小学生のお子さんに大きな負担が増えるといったこともないでしょう。

毎回の授業でパソコンを使うわけではない

一般的にはプログラミングとパソコンはセットだと認識されています。

しかし小学校でのプログラミングの授業では、必ずしもパソコンを利用するとは限りません。

パソコンは一切使わず、プログラミングに関わる論理的思考を紙と鉛筆だけで学ぶ授業も想定されているのです。

まとめ

今回は2020年から小学校で必修化となるプログラミング教育についてご紹介しました。

具体的なカリキュラムが設定されていない中でプログラミングの要素が小学校に導入されるので、今回の必修化がどのような効果をもたらすのかは未知数ですが、プログラミングの授業を通して本格的なプログラミングに興味を持ち、小さい頃から世界を変えるようなサービスを生み出す下地ができればいいと願うのみです。

今回の記事が日本のプログラミング教育の概要を知るためにお役に立てれば幸いです。

プログラミング必修化トップ
最新情報をチェックしよう!