未経験でプログラマーへ転職したいけど不安な人へ|成功への指南書

 

現在いろいろな業界でIT化が進んでおりプログラマーが不足していると言われています。

そして今後ますますIT関連の人材が不足していくと言われており、未経験でも好条件を提示しているプログラマーの求人案件も増えています。

今勤めている会社や業界の先行きに将来性がないと思っている方の中には、人材を積極的に募集しているIT業界やプログラマーへの転職を考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし実際にプログラマーへの転職を考えていても、「未経験でも本当に大丈夫なのか」「何から始めればいいか分からない」と不安を抱えている人が多いかもしれません。

この記事では、たとえ未経験からの挑戦でも大丈夫なこと、未経験からプログラマーになるまでの道すじをご紹介していきたいと思います。

未経験からでもプログラマーになれる理由

未経験プログラマー1

プログラマーに必要なのはプログラミング能力だけではない

プログラミングの経験がない人からすると、プログラマーになるにはプログラミングの能力が重要視されると思いがちです。

プログラマーとして仕事をしていく中では、プロジェクトチームのメンバーと共に仕事をすることが求められたり、顧客と関わることもあります。

他の多くの仕事と同じように、基本的なビジネススキルやコミュニケーション能力といったものも求められます。

他の業界で働いてきた経験がプログラマーとしても求められ、また活かすこともできるのです。

また、プログラマーという職業は覚えるべき専門知識が多く、次々と新しい技術が出てくる分野になります。

未経験であっても学習意欲が高く、どんどん新しいことを学んでいこうという姿勢があれば採用側としては今後の伸びしろを評価してくれます。

慢性的なIT人材不足

冒頭でも触れた通り、根本的にIT業界では人材が不足しています。

人材不足の背景には、多くの企業でITを活用する事業分野が増え続けていること、あらゆるモノとインターネットがつながるIoT化が進んでいることが理由としてあげられます。

また、これまでIT業界の第一線で活躍してきた人たちの高齢化が進み、定年退職者が増えているという事情もあります。

採用側は仕事の需要が伸びる一方で人材が不足するという事態になっており、外国人の人材を雇ったり、即戦力ではなくても未経験者を採用して社内で育てようという動きがあります。

未経験OKでも年齢の壁には注意

プログラマーは異業種からの未経験者を積極的に採用しているものの、業界では年齢の壁が存在すると言われています。

その年齢は「28歳」。

未経験から一人前のプログラマーとして活躍できるようになるまでにはある程度の時間を要します。

企業側としては教育にかかるコストや期間、会社で働いてもらえる期間を考慮すると比較的若い人材を優先する傾向があります。

もしもプログラマーへの転職を本気で考えており、年齢がギリギリの人は早く行動を起こすに越したことはないでしょう。

それでは28歳をすでに過ぎている人は諦めなければいけないかと言うと、そうではありません。

28歳を過ぎていても、若い人よりも社会経験は豊富にあります。

転職する前にプログラミングスクールなどで基礎的なプログラミングの技術をしっかりと身に付けたうえで、前職で身に付けたビジネススキルなどを合わせてアピールすれば可能性はあります。

プログラマーを目指すなら覚えておきたいプログラマーの魅力

未経験プログラマー2

プログラマーの仕事はものづくり

実は現在、私たちが日常的に当たり前に使っているありとあらゆる物がプログラミングと関わっています。

スマートフォン、さまざまなアプリ、GoogleやFacebookなどのWebサービス、電化製品、医療機器などなど。

生活に欠かせない物の多くに何かしらのプログラムが関係しており、プログラミングは人の生活をより便利に機能的にしてくれる物を生み出すことができるのです。

プログラマーは手に職を付けられる

世の中にある多くの仕事は、会社ごとに独自のルールや習慣があり、職場が変わるとそのルールや習慣は通用しないことがほとんどです。

プログラミングにはいろいろな言語があるものの、一つの言語の中では文法のルールや特徴が共通になっていますので、プログラマーはどこでも通用する技術を身に付けられるのです。

たとえ職場が変わっても身に付けた技術を使うだけなので、どこでも食べていける安心感があります。

プログラマーはフリーランスとしても働ける

プログラミングの技術さえ身に付ければ、何もどこかの会社に所属しなければいけないわけではありません。

今ではクラウドソーシングを活用してフリーランスのプログラマーに仕事を依頼する企業も増えているので、個人で仕事を請け負って食べていくという選択肢も出てきます。

毎日満員電車に乗る必要もなく、自分のペースや自分の好きな空間で仕事をするといったライフスタイルを手に入れることも可能です。

未経験からプログラマーを目指す方法

未経験プログラマー3

まずはプログラミングに触れてみる

プログラマーの仕事に少しでも興味がある人は、まずは入り口だけでも構わないので自分で勉強してみましょう。

実際にプログラミングがどのようなものか触ってみて、「自分にもできそうだ」「さらに興味が湧いてきた」という場合には、さらに学習を進めてみるのもありです。

また、いくらIT業界で未経験のプログラマーを募集しているとは言っても、IT業界での未経験は「業務未経験」である場合もあります。

事前に少しでも多くのプログラミングの知識や技術を身に付けておいたほうが有利であることに間違いはありません。

プログラミングがどんなものか分かったうえでプログラマーを本格的に目指しても遅くはないでしょう。

プログラミングの基礎を学ぶには、Progateというプログラミング学習サイトがおすすめです。

プログラミングスクールに通う

プログラミングの入り口を学んだら、次はプログラミングスクールを活用するといいでしょう。

プログラマーになった人の中には、全て独学でプログラミングの技術を身に付けた人もいますが、スクールには講師がいるのでより効率よくプログラミングを学ぶことができます。

また、プログラミングスクールの中には就職支援を行ってくれるスクールもあります。
卒業後の進路についても相談に乗ってもらえ、就職も斡旋してくれるので仕事探しで苦労することもありません。

プログラミングスクールに通うとなると初期投資が必要になってきますが、プログラマーになれば投資した金額はすぐに回収可能です。

プログラミングスクールに通えば、独学のようにムダな時間を使うことなく、プログラミング技術の習得から就職まで最短距離で目的を達成することができます。

まとめ

未経験からでもプログラマーを目指すことは可能であること、そして未経験からプログラマーになるのにはどうすればいいかについてお話してきました。

誰しもやったことがないことに挑戦するのは不安を感じるものですが、少しでもプログラマーになりたいという気持ちがあるならば、まずは自分にできそうなことから始めてみましょう。

そして最終的に一番大事なことは「プログラマーになりたい」と強い気持ちです。

未経験プログラマートップ
最新情報をチェックしよう!