プログラミングの始め方|初心者が独学でプログラマーを目指す勉強法

「プログラミングを始めてみようと考えているけど、何から始めていいのか分からない」
「プログラミングを学習するための具体的な方法が知りたい」

プログラミングに興味を持つ人は最初、みんなこのような疑問を持つことでしょう。

初心者の人がプログラミングを学ぶことについては、基本的に独学よりもプログラミングスクールを利用することをおススメしています。

その理由は、独学よりも短期間でプログラミングのスキルを身に付けられること、途中で挫折する確率が低くなるためです。

しかしながらプログラミングスクールにかかる費用を捻出できない方や「絶対に独学でプログラミングを習得してみせる」という強い意志を固めている人もいらっしゃることでしょう。

今回は、「プログラミング初心者だけど独学でプログラミングを始めるにはどうしたらいいのか」という疑問にお答えしていきます。

1.明確な目標を設定する

始め方1

プログラミングを始めるのにあたって、まずは目標設定を行いましょう。

プログラミングを独学で学ぶ場合、途中で挫折して諦めてしまう人が結構います。

目標が明確になっていないと、途中で簡単に投げ出してしまうという結果を招く原因になります。

趣味の延長で自分でゲームを作ってみたい、プログラミングのスキルを習得してプログラマーとして稼ぎたいなど、具体的で明確な目標を持っていたほうが頑張ることができます。

目標設定はおろそかにすることなく、最初にきちんと設定しましょう。

2.作りたいものを決める

始め方2

プログラミングでは、WebサービスやWebアプリ、スマホアプリ、業務用システムなど実に色々なものを作ることができます。

どういったものを作りたいかによってプログラミング言語の選択や学習の方向性が変わってきます。

プログラミングで作れるものはたくさんありますが、初心者には「Webサービス」か「スマホアプリ」を選ぶことをおすすめします。

理由は初心者でも比較的作りやすく、現在の開発の主流となっているので、仕事にもつなげやすいというメリットがあるためです。

作るものに迷ったら、Webサービスかスマホアプリのどちらからを選べばいいでしょう。

3.プログラミング言語を選ぶ

始め方3

プログラミング言語は世の中に200種類以上存在していると言われています。

プログラミング言語の数は非常にたくさんあるのですが、初心者でも取り組みやすいものを選んでざっくりと分類すると、以下の2種類になります。

①Webサービス系プログラミング言語

HTML/CSS、PHP、JavaScript、Rubyなど。

②アプリ系プログラミング言語

Java、Swiftなど。

プログラミング言語は、「何を作りたいか」を基準に選ぶと良いでしょう。

4.パソコンを選ぶ

始め方4

プログラミングをするのにおすすめのパソコンはMacです。

理由としてはプログラミングをするうえでのアプリが充実しているからです。

しかしMacのパソコンを買うとなると、決して安い買い物ではないので、もしもすでにWindowsのパソコンを持っている人は無理をしてMacを買う必要はないでしょう。

後々プログラミングで稼げるようになったらMacを買うという目標を立てるとモチベーションが上がっていいかもしれませんね。

5.プログラミングを独学で学ぶ

始め方5

プログラミングを独学で勉強する方法は、「書籍」か「プログラミング学習サイト」になります。

①プログラミングを書籍で勉強する

プログラミングに限らず、独学の王道である書籍。

ここではプログラミング全体の基本を学べる本から、各言語ごとのおすすめ書籍を紹介いたします。

ちゃんと使える力を身につける Webとプログラミングのきほんのきほん

さまざまなプログラミング言語に共通する基本部分を中心に取り扱っており、プログラミングの全体像をとらえるのに最適な一冊です。

またプログラミングだけではなく、インターネットの仕組みやWebページがコンテンツを表示する仕組み、データベースといった、、プログラミングに関連する技術に関しても包括的にまとめられています。

本当によくわかるHTML&CSSの教科書 シンプルで、デザインの良いサイトが必ず作れる

本を読んで学びながらサンプルファイルにコードを書いていくことで、HTMLとCSSの基礎を完全習得できます。

解説が非常に丁寧で初心者でも取り組みやすい書籍です。

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室

何も分からない初心者でも非常にとっつきやすい入門書です。

PHPを学ぶための代表的な書籍。

改訂新版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで

JavaScriptの本質が理解できる良書です。

プロを目指す人のためのRuby入門 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで

Rubyの文法をサンプルコードで学び、例題でプログラミングの流れを体験できる解説書です。

スッキリわかるJava入門 第2版

挿絵が豊富で会話形式で解説されているため、初心者に最適な一冊です。

絶対に挫折しないiPhoneアプリ開発「超」入門 第7版

iPhoneアプリを独学で作りたいのならば必ず読むべき本です。

②プログラミング学習サイトで勉強する

最近はプログラミングを学べるWebサイトも充実しています。

機能の多くを無料で利用することができますし、繰り返し学習すれば間違いなく力が付きます。

 

ドットインストール

短い動画でプログラミングを学べる初心者向けプログラミング学習サイトです。

スマホから見ることもできるので、通勤・通学のすき間時間にも勉強できて大変便利です。

 

Progate

オンラインでプログラミングの学習ができるWebサービスです。

スライドでプログラミングについて解説を見ながら、実践的な練習も同時に行えるので、非常に学習効果が高いサイトです。

 

Schoo

動画を使ったプログラミング学習サービスですが、ドットインストールと違い、Schooではライブ動画でのレッスンになります。

ライブでの学習になるため、緊張感を持って学ぶことができるでしょう。

6.学習の流れ

始め方6

書籍にしろ、プログラミングの学習サイトを使うにしろ、プログラミングの勉強には基本的なスタイルがあります。

それは、プログラミングの基礎を身に付けたら、次に実際にサンプルを作ってみるという流れです。

基礎を身に付ける⇒サンプルを作ってみる

これを繰り返すことで徐々にプログラミングができるようになっていきます。

プログラミングのスキルを身に付けて稼げるようになるには、1つの言語だけ身に付ければいいというわけではありません。

いくつかの言語を身に付ける必要がありますが、どの言語を学ぶときでも、この基本的な学習の流れは同じです。

知識をインプットし、実際に手を動かしてアウトプットする。

この流れはプログラミングを身に付けるうえで非常に大切なことなので覚えておいてください。

7.まとめ

プログラミングを独学で身に付けることは決して簡単なことではありませんが、努力を継続すれば独学でのプログラミング習得は可能です。

独学の場合には少し時間がかかると思いますが、最初に設定した目標を達成するんだという強い思いで勉強を続けて行けば、必ずプログラミングのスキルを身に付けられるはずです。

プログラミングができるようになれば、最終的にはフリーランスになってサラリーマンよりも稼ぐことだって夢ではありません。

ぜひ希望を持ってプログラミング学習を始めてみてください。

始め方トップ
最新情報をチェックしよう!