ゲーム制作の初心者向けおすすめプログラミング言語5選!【ゲーム開発】

「ゲームで遊ぶのが大好きだけれども、遊ぶだけじゃなくて自分でゲームを作ってみたい」
「プログラミングができるようになったらゲームを作ってみたい」

自分でゲームを作ることに興味があっても、実際にどうしたらいいのか、どんなプログラミング言語ならばゲームを作れるようになるのか、なかなか分からないものですよね。

この記事では、プログラミングでゲーム制作を行うのにおすすめのプログラミング言語や、どんなゲームプログラミングがあるのかについてご紹介していきます。

ゲーム開発におすすめなプログラミング言語5つをご紹介

ゲーム開発1

C#(シーシャープ)

今現在、ゲーム制作のプログラミングで最もよく使われているプログラミング言語がC#です。

C#がゲーム開発現場で主流となったのは、C#でのゲーム開発に適したUnityやMonoGameといったフレームワークが出てきたからです。

こうしたフレームワークの登場によって、C#はゲームプログラミングの中では比較的難易度が低い言語となっています。

JavaScritp(ジャバスクリプト)

Webサービスやアプリ開発でも利用されることが多いプログラミング言語ですが、ゲーム開発でも利用される汎用性の高い言語です。

ゲーム制作の初心者がゲームプログラミングの入門として使ったり、ブラウザゲームの開発で採用されています。

スマートフォンのゲームも手軽に開発できるため、本格的なゲームを開発するときに、デモ(モックアップ)を制作する際に利用されることもあります。

C++(シープラスプラス)

C言語にさらに高度なことができるようバージョンをアップさせたプログラミング言語です。

コンピューターが理解できる機械語に近い書き方をする言語なので、初心者にはかなり難しい言語と言えるでしょう。

しかしコンピューターにとっては理解しやすい言語になるので、処理速度が非常に早く、ゲーム上では滑らかな動きを出すことが可能となります。

Swift(スイフト)

AppleがiOSとmacOS向けに開発した比較的新しいプログラミング言語です。

Swiftが開発されるまではAppleのアプリ制作にはObjective-Cという言語が使われていました。

しかしObjective-Cの構造は少し複雑であったため、初心者には敷居が高いプログラミング言語でしたが、Swiftの登場で初心者でも挑戦できるようになりました。

Lua(ルア)

ブラジルの大学で開発されたゲーム開発者に愛されているスクリプト言語です。

スクリプト言語とは、人間がコードを書いた後、コンピューターが理解できる言葉である機械語に翻訳するコンパイルという作業をすることなく、即実行可能な言語のことです。

動作が高速であるため、近年ゲーム開発者の間で利用が広がっています。

主要なゲームプログラミング

ゲーム開発2

ここまでゲーム制作で利用されていて、ゲームプログラミング初心者にもおすすめのプログラミング言語をご紹介してきました。

続いては、ここまで紹介してきたようなプログラミング言語を使って、どのようなゲームプログラミングが作られているのかお伝えいたします。

ブラウザゲーム

ゲーム開発3

パソコン、スマートフォン、タブレットからインターネットに接続して「Internet Explorer」や「Google Chrome」などのブラウザを通して遊ぶゲームです。

デバイスを選ばずに、ダウンロードすることなくアクセスして遊べる手軽さが特徴です。

スマホゲーム

ゲーム開発4

今最も市場が賑わっているゲームです。

家庭用ゲーム機のように長時間プレイするよりは、短時間でも楽しめる作品が多いのが特徴です。

ゲーム制作には、iOSとAndroidの両方に対応する必要がありますが、最近ではマルチプラットフォーム対応のツールを利用してiOS、Android別々に開発する手間を省いて開発するのが主流となっています。

パソコンゲーム

ゲーム開発5

パソコンにインストールすることで遊べるゲームです。

個人でゲームを制作して販売するといったことも行われています。

Windows向けの作品が圧倒的に多くなっています。

コンシューマーゲーム

ゲーム開発6

PlayStation4やNintendo DS、Nintendo Switchといった専用ゲーム機向けのゲームです。

ゲームの制作、販売にはライセンス料が必要になるため、企業が予算を組んでゲームを開発するのが主流となります。

VRゲーム

ゲーム開発7

バーチャル・リアリティーゲームの略で、今までのゲームにはないような現実感や没入感を感じることができるゲームです。

VRゲームにはヘッドマウントディスプレー(HMD)と呼ばれるゴーグル型のデバイスが必要となるうえ、まだ価格が高いために普及は進んでいません。

しかし今後の成長が期待されているゲームの分野であることは間違いありません。

まとめ

ゲーム開発で使われているプログラミング言語と、プログラミング言語を使ってどのような種類のゲームが作られているのかについてお伝えしてきました。

ゲームを実際に自分で作ってみたい方は、自分が作りたいゲームと、そのゲームを作るのに必要なプログラミング言語を確認したうえでぜひ挑戦してみてください。

プログラミング言語を学ぶにあたっては、ゲーム制作が学べるプログラミングスクールを利用するのも一つの手です。

効率よくゲーム制作に必要なスキルを身に付け、自分が作りたいものを形にしてみましょう。

ゲーム開発トップ
最新情報をチェックしよう!