プログラマーとシステムエンジニアの違いって何?年収や仕事内容の差とは?

IT業界の仕事としてよく耳にするのがプログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)という職種ではないでしょうか?

もしかしたらどちらの名前もよく聞くけれども、二つの職種の違いまでは分からないという方が多いかもしれません。

そこで今回の記事では、プログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)の仕事がどうちがうのか、年収の差はあるのかといった疑問に迫っていきたいと思います。

システム開発の流れ

PGとSE1

システムエンジニア(SE)やプログラマー(PG)が関わる一般的なシステム開発の工程(フェーズ)は以下のような流れになっています。

1.クライアントと打ち合わせをし要望を聞く(SEが担当)
2.システム設計・仕様書の作成(SEが担当)
3.システム開発の打ち合わせ(SEとPGで行う)
4.システム開発・コーディング(PGが担当)
5.動作テスト(SEとPGで行う)
6.納品・アフターフォロー(SEが担当)

この一連の流れをご覧いただくと分かると思いますが、SEが担当する工程が多くなっており、PGが担当するのは主に実際にコードを書いてシステム開発を行う工程になります。

一般的にはSEが受け持つ部分が多く、クライアントとの折衝も必要となってくるため、SEのほうが年収が高いケースが多くなっています。

ただしこの役割分担は一般的な例となりますので、会社によってはSEがコーディングまで任されることもあれば、PGがクライアントとの打ち合わせに参加するケースも出てきます。

システムエンジニア(SE)の仕事と年収

PGとSE2

システムエンジニア(SE)とは、大ざっばに言うとプログラムやシステムの設計を行う職業です。

SEの仕事内容は、クライアントと直接打ち合わせを行い、要望を聞いたうえで要件の定義、システムの設計、仕様書の作成を行います。

仕様書が出来上がったら、PGと開発に関するミーティングを行い、開発案件のすり合わせを行います。

実際のコーディングはPGが担当することが多く、ある程度システムが完成した段階でPGと一緒に動作テストを行います。

その後クライアントに納品をし、さらにアフターフォローまでを担当するのがSEの主な仕事となります。

PGと大きく異なるのが、クライアントと接触する機会が多いため、高度なコミュニケーション能力が求められる点です。

SEの給料は、年収400万円~600万円となっています。

プログラマー(PG)の仕事と年収

PGとSE3

プログラマー(PG)とは、SEが作成した仕様書にもとづいてコードを書いてプログラミングする職業です。

SEの仕様書には開発するシステムについて事細かく書いてあるわけではないので、クライアントが要望することや求めている動作をどのように実現していくのかはPGのスキルにかかっています。

PGはSEよりも高度なプログラミングスキルを求められます。

プログラムが想定した通りに動作するかのテストは、SEと協同で実施することが多くなります。

PGの給料は、年収350万円~500万円となっています。

システムエンジニアとプログラマーだったらどっちがいい?

PGとSE4

ここまでSEとPGの違いを解説してきましたが、もしあなたがどちらかの仕事を選べと言われたらどちらを選びますか?

年収だけを見るとSEのほうがたくさん稼げそうなのでSEと答える人が多いかもしれませんね。

一般的には最初PGになった後でSEを目指すケースが多くなっています。

この話をすると「SEはプログラミングもできてクライアントと交渉までできてすごい」という印象になるかもしれませんが、実際にはプログラミングをちゃんとできるSEはそう多くはないのが現実です。

会社側の都合で、PGとして1、2年経験を積んだ程度でSEになるケースが結構多いため、プログラミングができるSEは大変重宝されます。

したがって、まずはPGとして一人前になることを目指し、実務をしっかりとこなせるだけのプログラミングスキルが身についてからSEにステップアップしてみるのがいいのではないでしょうか。

フリーランスプログラマーという道もある

PGとSE5

SEのほうが収入がいいのは事実ですが、SEはクライアントとコミュニケーションを取る必要があります。

中にはコミュニケーション能力に自信がないという方もいるでしょう。

人と密に関わるのが苦手なのでSEにはなりたくないけれども、収入はアップさせたいという場合には、フリーランスのPGを目指す道もあります。

フリーランスなので確実に収入が上がる保証はありませんし、場合によってはサラリーマンのPGよりも稼げなくなってしまう可能性もあります。

しかし、会社に在職しているうちにしっかりとプログラミングスキルを磨いておけば、後々会社という組織に縛られない形でプログラミングで食べていくことも可能です。

まとめ

今回は意外とはっきりと理解されていない、プログラマーとシステムエンジニアの違いについて解説いたしました。

どちらの職種ともお互いに関わりを持って仕事をするわけですが、プログラミングのスキルを高めておけば自分自身の仕事上の付加価値を高めて人生の可能性を広げていくことができるはずです。

今IT業界は人手不足で引く手あまたですので、IT業界への就職や転職を考えている方は、まずはプログラミングの学習をスタートしてみませんか?

PGとSEトップ
最新情報をチェックしよう!