プログラミングを使った仕事とは?プログラマーの種類と仕事内容を紹介

「将来プログラマーになりたいけど、プログラマーって具体的にどんなことをするんだろう」
「最近IT業界、プログラマーの求人案件が多くて転職に興味があるけれど、プログラミングを使った仕事ってどんなものがあるんだろう」
プログラマーという職業の名前を知っていても、実際はどんな仕事をするのか分からない人が多いのではないでしょうか?

プログラマーと一言で言っても、色々な分野にわかれていますし、どの分野のプログラマーを目指すかによっても習得すべきプログラミング言語が異なってきます。

プログラマーとして目指す方向性が分かっていれば、やるべきことやどんな努力をすればいいのかが明確になります。

この記事ではプログラミングを使ってできる仕事、プログラマーの種類について解説していきます。

実はたくさんの種類があるプログラマーの仕事

プログラマー種類1

Web系プログラマー

・仕事

Web系プログラマーの仕事は、Webサイト周辺のプログラミングとシステム開発に特化したものになります。

たとえばインターネットショップを例に取ると、何か欲しいものがあれば検索ボックスに商品名などを入力して検索します。
すると検索結果が表示され、商品をクリックすると個別の詳細ページへと飛びます。

こうした流れは、Web系プログラマーが組み込んだプログラムによって実行可能となっています。

Web系プログラマーの仕事は、Webサイトの利用者が快適にサイトを利用できるようにする仕事と言えるでしょう。

Web系プログラマーはさらに3種類のタイプに分類されます。

Webサイトを訪れたユーザーが実際に触れる部分を扱う「フロントエンド」、ユーザーには分からない裏側のサーバー部分を扱う「バックエンド」、そしてシステムの開発全般を受け持つ「フルスタック」の3つです。

フルスタックを担当するプログラマーは、フロントエンドとバックエンド両方の仕事を行う必要があるため、豊富な知識と経験が求められます。

・プログラミング言語

HTML、CSS、JavaScript、PHP、Ruby、Javaなど。

Web系プログラマーはタイプによって使う言語が変わってきます。

フロントエンドのプログラマーはHTMLやCSS、JavaScriptといったサイトの見た目に関係する言語を、バックエンドではJava、PHP、Rubyなどの言語を使用します。

フルスタックはフロントエンド、バックエンドで用いられる言語を習得しておく必要があります。

アプリケーション系プログラマー

・仕事

スマートフォンはもはや日常生活に無くてはならないものになりました。

そんな必需品となったスマートフォンの中に入っているのが、通常「アプリ」と呼ばれているアプリケーションです。

アプリケーション系プログラマーはアプリの開発を行うのが仕事です。

スマートフォンのアプリ開発は、スマホのオペレーションシステム(OS)に応じて、Android系とiPhoneで採用されているiOS系の開発に分かれています。

※スマホアプリ開発に関する別記事も書いています。
詳細はこちらの記事『初心者がスマホアプリを開発するには?学ぶべきプログラミング言語と環境構築』もお読みください。

・プログラミング言語

Java、Swift

スマホアプリの開発では、Android系のアプリを開発するならばJavaを、iPhone系ならばSwiftというプログラミング言語が使用されます。

組み込み系システムプログラマー

・仕事

家電製品や電子機器などの製品をコントロールするプログラムを作るのが組み込み系システムプログラマーの仕事になります。

炊飯器を例に取ると、お米の量や、好みの炊き加減を調整するプログラムを組むといった仕事です。

・プログラミング言語

C、C++、C#など。

汎用系システムプログラマー

・仕事

汎用系システムプログラマーは、銀行の金融システムなどの大量のデータを扱う大規模なシステムを構築する仕事です。

汎用系システムは他のコンピューターシステムとは互換性が無く、一台のコンピュータだけで処理を行う、閉ざされたシステムになります。

・プログラミング言語

COBOL、Java、RPG、FORTANなど。

オープン系システムプログラマー

・仕事

オープン系システムとは、汎用系と逆のシステムとなり、複数のコンピュータでシステム構築ができるようにするシステムであり、オープン系システムプログラマーがプログラムを組みます。

UNIXやWindowsといったOSを利用して開発することができるのでコストが抑えられ、小まめにアップデートも行えるので、管理しやすいシステムと言えます。

主なシステム例は、店舗の顧客データベースや病院の電子カルテなどです。

・プログラミング言語

Java、C#、C+、PHP、Ruby、Python、JavaScriptなど。

ゲーム系プログラマー

・仕事

プログラミング言語を使ってゲームの開発をします。

最近賑わっているゲーム市場はスマホゲームになりますが、他にもブラウザゲームやコンシューマーゲームなど色んなジャンルのゲーム開発があります。

※ゲーム開発に関する別記事も書いています。
詳細はこちらの記事『ゲーム制作の初心者向けおすすめプログラミング言語5選!【ゲーム開発】』もお読みください。

・プログラミング言語

C#、C++、JavaScritp、Swiftなど。

通信系プログラマー

・仕事

通信系プログラマーはルーター、モデムといったネットワーク機器やテレビ会議など、通信に関連した製品やシステムを開発します。

コンピュータ間のデータの送受信に関連した仕事がメインになります。

・プログラミング言語

C、C++、Javaなど。

データサイエンティスト

・仕事

近年多くの企業がデータサイエンティストを求めています。

データサイエンティストは、データの分析を行い、分析によって得られた結果をもとに業務改善を行う仕事です。

・プログラミング言語

R、Pythonなど。

プログラマーに必要な3つの基本的スキル

プログラマー種類2

ここまでプログラミングを使ったプログラマーの仕事にはどのような種類があるのか見てきました。

次に、プログラマーを目指すのにあたって、どのようなスキルが必要とされるのかお伝えしたいと思います。

プログラミングスキル

プログラマーにはこのスキルがないとなれません。

どんなプログラマーになりたいのかによって、身に付けるべきプログラミング言語が違います。

まずは自分がどのようなプログラマーになりたいのか、何を作りたいのかを明らかにしたうえでプログラミング言語を選んで学習をスタートしましょう。

また、プログラマーとして生計を立てるのであれば、1つだけのプログラミング言語だけで食べていくことはできません。

いくつものプログラミング言語を習得して、プログラマーとしての付加価値を高めていく努力も必要になります。

デバックスキル

デバッグとはプログラムの不具合を修正する作業を言います。

プログラムは開発の最中に色々な原因によって不具合が発生します。

システムを実際に使えるようにするためには、ソースコードを修正し、不具合を直さなければいけません。

そのためプログラマーには、根気よくエラーを探し出し、不具合を修正するデバック作業を続けられる忍耐力が求められます。

コミュニケーションスキル

他の多くの仕事と同じく、プログラマーの仕事においてもコミュニケーションスキルが必要となります。

プログラマーはただ黙々とコードだけを書いて作業するだけではなく、開発チームのメンバーと話をしたり、時にはクライアントと直接話す機会もあります。

まとめ

今回の記事ではプログラマーとしてどのような仕事があるのか紹介いたしました。

思ったよりもプログラミングのスキルが活かせる機会がたくさんあると感じたのではないでしょうか?

この記事がプログラマーの仕事に興味がある人にとって、プログラマーとしての方向性を決めるときの参考になれば幸いです。

 

プログラマー種類トップ
最新情報をチェックしよう!